自転車もらった時に必要な防犯登録の名義変更・解除の手続きと必要書類

自転車

自転車を人からもらったときには、必ず防犯登録の名義変更をしましょう。

名義変更をしていない状態で、警察などに防犯登録のチェックをされると面倒なことになることもあります。
今回は人から自転車を譲ってもらった際に必要な手続きと必要書類をご紹介します。

スポンサーリンク

名義変更が必要な場合

他の人から自転車を譲り渡した場合・譲り受けた場合には、防犯登録の名義を変更しなければいけません。

ちなみに防犯登録をすることは義務とされているので、必ず忘れずに登録しましょう。
くわしくはこちら

自転車の持ち主が変わったにもかかわらず、防犯登録の名義を変更していない場合にはいくつか問題が生じることがあります。

防犯登録名義変更手続きと必要な書類

防犯登録の名義を変更する場合は、「自転車防犯登録所」と表示されている自転車屋さんかホームセンター等で行います。

手続きの際に必要なものは以下のようなものになっています。

必要書類

  1. 自転車本体
  2. 公的機関発行の身分証明書(運転免許証・健康保険証など)
  3. 前所有者の登録カードお客様控、または譲渡証明書(※)
  4. 登録料(都道府県によって異なるが500~700円程度)

自治体などによって異なることがあるので、事前に店舗などに確認すると確実です!

防犯登録を抹消する場合

自転車を廃車する等の場合には、防犯登録の抹消手続きをしなければいけません。
必要な書類としては、防犯登録シールを貼っている自転車と身分証明書・登録の控えなどがあれば出来ますが、経験上自転車を捨てる場合は、自転車屋さんなどに引き取ってもらうので、基本的には手続きをしたことがないです。

その分、自転車の処分料を支払い引き取ってもらっています。

まとめ

手続きを忘れていると、人にあげた自転車が犯罪に使われたりするとあらぬ疑いをかけられるなんてことも起こりえます。

自転車をあげたりもらったり捨てる場合には、ちゃんと手続きを忘れないように気を付けましょう~

コメント