PR

ママチャリの前輪ブレーキの片効きを直すために調整する方法!

この前こんな記事を書きました!

意外と簡単!ママチャリの前輪についてるブレーキシューを交換してみた!
クロスバイクも乗っていますが、仕事の時に乗る頻度はママチャリが圧倒的に多いぷるぷる(@pluplu2)です! ひさしぶりに自転車の記事です! なぜかママチャリを2台所有し、使い分けているのですが、4年以上使っているママチャリが前輪も...

これの続きみたいな感じですが、前回が長くなったので、2つに分けました。
ママチャリについているブレーキシューがすり減ってブレーキが利かなくなっていたので、ブレーキシューを交換しました。

ブレーキシューを交換するとほとんどの場合は、リムとブレーキシューの間隔を調整しないと最悪の場合には、片効き状態で、ちゃんとブレーキが利かなくなってしまう可能性もあります。

今回はその前輪ブレーキが片効きにならないように、調整する方法をご紹介します!
ただ、ちょっと慣れなのか運なのかわからないですが、そんな要素もあるので、上手くいくまで根気よくがんばりましょう~(笑)

スポンサーリンク

使う工具・備品

使う道具はこんな感じです!

使う道具

  1. 10㎜のレンチ
  2. 10円玉2枚~4枚くらい
  3. セロハンテープ
  4. 軍手

ちなみに10円玉じゃなくても、100円でも500円でも1~2㎜程度のものがあれば代用可能です!

調整スタート

前輪ブレーキを調整するためにはの工程としては以下のような感じです。
①ナットを緩める
②10円玉をセロハンテープでタイヤに留める
③ブレーキシューを手で挟む
④手で挟んだままナットを締める

こんな感じです!
それではスタート!

①ボルト緩める

まずはブレーキを固定しているナットを緩めます。
ちなみに外さなくて大丈夫です!

このボルトを緩めると左右のブレーキシューが広がり、また手で動かすことができるようになります。

②10円玉をセロハンテープでタイヤに留める

ボルトを緩めたら、ブレーキシューが当たるリムの所に10円玉をセロハンテープで留めます。

片方だけでは意味がないので、左右どちらもやりましょう!
ちなみにブレーキシューとリムの間隔は1㎜~3㎜がよいとネットで書いていたので、厚みが1㎜の10円玉を選びました。

2㎜にしたい場合は10円玉を2枚重ねてタイヤに留めましょう~

③ブレーキシューを手で挟む

10円玉を留めたら左右のブレーキシューをこんな感じで手で挟みます。

上記の写真は10円玉がないですが、本来であれば10円玉を挟んだ状態で挟みます。
10円玉があることで、1~2㎜程の隙間が空いたまま固定することができます!

手で挟んだままボルトを締める

③でブレーキシューを手で挟んだ状態をキープしたまま、①で緩めたナットを締めていきます。

上手いこと行くとこんな感じで、ブレーキシューとリムの間になんとなくこのように隙間が空きます。

左右のブレーキシューとリムの隙間がこんな感じで均等になっていれば成功です!
ちなみにどちらか片方のブレーキシューが、ブレーキを握っていないにもかかわらずリムに当たっている場合は、もう一度①の工程からやり直してください。

そのままにしておくと常にブレーキがかかっている状態になってしまうので、無駄にこぐ力を使いますし、片方のブレーキシューだけ消耗してしまします。

まとめ:ブレーキ…大切!

自転車の中で最も重要ともいえるブレーキですが、ちゃんと効かないと意味がありません!
自分で調整できるのであれば、自分で調整するに越したことはないと思いますが、もしできないのであれば、事故を起こす前に、自転車屋さんにお任せしてちゃんとブレーキが効くようにしましょうね~(笑)

コメント