夜のランニング中に感じる危険な自転車の行為TOP3!

生活

最近、クロスバイクに乗り始めたぷるぷるですが、前々から自転車に対して危ないなーと思う行為がちょいちょいあります。

夜にランニングをしている時に、迷惑だなーと思うことが多いです。

そんな初心者クロスバイカーであり、ランナーでもある、
ぷるぷるが思う「危険な自転車の行為TOP3」を発表します!

スポンサーリンク

3位:街灯が少なく、人通りの多い道を猛スピードで走るロードバイク

河川敷のようなところは街灯が街中よりも少なく、暗く視界が悪いです。
加えて、夜でもウォーキングやランニングをしている人が多く、人通りが多かったりします。

そんなところを猛スピードでロードバイクが走ると結構危ないです。

2位でも説明しますが、ライトをつけているからといっても、夜なので歩行者は反応が遅れます。
また、自転車に乗っている方は明るいライトで見えているのかもしれませんが、明るすぎるライトに照らされた人の視界は大きく奪われ、前方が全然見えなくなります。
そんなところに猛スピードで向かってこられると、危機を感じます。

2位:無駄に明るすぎるライトを搭載している自転車

3位でも軽く触れましたが、たまに「冒険にでも行くんですか?」って言いたくなるくらい明るいライトを使用している自転車があります。
そのうえ、ライトが水平に装着されているため、めちゃめちゃまぶしい場合があります。

自転車に乗っている人からすると前方照らすことが出来るので良いのかもしれませんが、周りの人からすると、迷惑で危険な行為です。
もちろん、人がいない山道等であれば良いのかもしれませんが、人通りの多い場所でそれをやってしまうと、視界を奪われ、事故の原因になるでしょう。

人通りの多い所ではせめてライトを斜め下方向に向けてください。

1位:ライト搭載の自転車と無灯火の自転車の並走

一番危ないと思うのは、猛スピードで並走しているロードバイクで、一台は無駄に明るすぎるライトを搭載し、もう一台は無灯火で走っているのをよく見かけます。

明るすぎるライトのせいで視界を奪われるため、いくらライトをつけている自転車の隣を走っていても、並走している無灯火の自転車については、正面からは見えません。
対向から1台自転車が来たと思って、だんだん近づき、すれ違う頃に2台並んでいることに気が付きます。

以前この組み合わせで走っている自転車の無灯火の方に正面衝突しそうになりましたが、相手がギリギリ気が付いて、止まりました。
せめて並走しないで後ろを走れよ!と言いたくなりましたが、あっという間にすれ違っていきました。

そもそもなぜライトをつけていないのかという話なのですが・・・
道交法違反ですけど?

まとめ

自転車は手軽に乗れて、クロスバイクやロードバイクであれば、30キロ以上のスピードを出すことが出来ます。

それだけスピードが出るということは、ぶつかったときの衝撃はとても大きいでしょう。
便利なものである反面、他人にけがを負わせる凶器にもなりうるのが自転車です。

乗っている自分が良く見えるからと言って明るすぎるライトをつけていていても、それに照らされた人からすると、視界を奪われ、非常に危険な行為と感じます。

自分にとって良いと思っていることも、他人に迷惑をかけていることもあるのです。

凶器にもなりうる自転車に乗るうえで、まずは他人に迷惑をかけないかどうかということを考えることも大切ではないでしょうか?

コメント