【ギアチェンジ】クロスバイクのフロントギアを上手くシフトチェンジする方法!

生活

クロスバイクとママチャリとの大きな違いの一つ、「ギアチェンジ」です!

特にリア(後ろ)のギアがついているママチャリもありますが、フロント(前)にギアが付いているママチャリはほとんどありません。

私が初めてクロスバイクに乗った時に一番苦戦したのが、このフロントのギアチェンジです。

どうやらフロントのギアチェンジをする場合は少しコツがいるようです。

ようやくギアチェンジに慣れてきた私が、苦戦した経験を踏まえてシフトチェンジのコツをご紹介します。

スポンサーリンク

フロント・リアギアのシフトチェンジ共通のコツ

フロント・リアギアのシフトチェンジに必要な共通のコツは、
「ペダルを回しながらシフトチェンジをする」です。

「ギアを変えるときはペダルを回す」これは私でも知っていました。

基本的にギアはペダルを回しながらでなければ、変わりません。
内装のギアの場合は止まった状態で変更するようですが、クロスバイクやロードバイクは基本的に外装のギアなので、ペダルを回しながらでなければギアは変わりません。

止まりながらシフトチェンジをすると故障の原因となるので、やらないようにしましょう。

フロントギアのシフトチェンジのコツ

ペダルを回しながらギアチェンジをするのは前提条件として、フロントギアのシフトチェンジのコツは、
「力を込めてペダルを漕がない」ことです。

ギアチェンジになれていなかった時は、基本的にガンガンスピードを上げながらギアチェンジをしていました。
そのため力いっぱいペダルを回しフロントギアのシフトチェンジをしていたのですが、そのようにギアチェンジをすると、「ガッガッガッガッガ」という異音を発してギアは変わらぬままでした。

何回やってもうまくいかない。

そうしてやり方をググってみると、どうやら強くペダルを踏みながらシフトチェンジをするのはNGとのこと。

チェーンにも負担がかかるし、上手くギアが変わらなくなるとのことでした。

そのNGを頭に入れてからシフトチェンジをしてみました。

最初はすごーく軽く回しながらギアチェンジ・・・
ガッガッガとまたもや異音を放つ・・・

上手くいかぬと思って何度か試してみると3回に1回くらいは成功するようになりました。

あくまで仮説ですが、私の場合軽く回すつもりでペダルを踏んでいるのですが、回転がぎこちなくなって一瞬回らなくなる時があります。
そのぎこちなくなって回転しなくなった瞬間にギアチェンジしたことで、うまくギアが変わらなかったのだと思います。

いまではようやく慣れて、シフトチェンジでほとんど失敗しなくなりました。
(たまに失敗しますが・・・(笑))

そのため、フロントギアのシフトチェンジに慣れないうちは、コツをつかむまで多少時間かかかるかもしれません。

とにかく軽くペダルを踏みながらギアチェンジをすることです!

うまくギアチェンジができるまで、無駄にギアチェンジをしてみましょう~

使用してるもの

この記事を書いている現在、以下のものを使用しています。

ライト

ライトはこちら
GENTOS(ジェントス) LED 懐中電灯 閃355

パイプホルダーもついているので、すぐに自転車に装着することが出来ます。
また、点滅させることができ、スポットやワイドに光を調整することが出来るので、普段使いとしても利用することが出来ます。

こちらのライトは単4電池を3本必要とし、充電池も使用可能です。
そのため、エネループを組み合わせて使用しています。

鍵はこちらを使っています。

それなりの長さもあるため、地球ロックもできますよ!

空気入れ

空気入れはこちらを使用しています。

こちらの空気入れはボールや浮輪の空気を入れる場合に便利なアタッチメントが付いています。
また、軽い力で空気を入れることが出来るので、楽に空気入れをすることが可能です。

コメント