音楽 選び方ウクレレ楽器

最低限初心者が気を付けたいウクレレの選び方と注意点【おすすめポイント】

音楽

初めてウクレレを買う場合、周りにウクレレや楽器をやっている人がいればどんなものがいいか気軽に聞くことができますが、都合そんな人はいないという人が大半だと思います。

もし周りにウクレレをやっている人がいるとしても、その人の楽器に対する思いだったり、「こうあるべき」みたいなことが強すぎて、無駄に高すぎるものを買ったはいいものの、最終的にやらなくなってしまう…
なんてことにもなってしまったとき、「ウクレレを買わなければよかった…」なんてことを思ってしまうかもしれません。

今回は極力そんなことにならないように、初めて買うウクレレはどのようなものがいいのか?
どのようなところをみればいいのか?
確認すればいいのか?
というポイントを解説していくとともに、ウクレレを購入するにあたって気を付けたい注意点を踏まえてご紹介していきます!

スポンサーリンク

初めてのウクレレはどのようなものがいい?

ウクレレには様々な素材や、サイズ、こだわればキリがないほど種類があります。

ウクレレのサイズについては以下の記事で詳しく解説していますが、いきなりコンサートサイズを買ってもいいのかなと思います。

ウクレレの4つのサイズの特徴と違い・共通点を解説し選び方を考える!
最近ウクレレをちゃんとやり始めたぷるぷる(@pluplu2)です ウクレレ自体は実はおさがりでずっと持ってはいたのですが、ちょっとやってはやめ、ちょっとやってはやめ、というのを繰り返していました。 というのもギターとベースは元々...

たまーに「コンサートやテナーだとフレットの幅が広いので女性は大変かもしれないです」という情報をネット上で見かけますが、エレキギターなんかに比べるとフレット幅は全然狭いです。
女性でもエレキギターを弾いている方は沢山いますし、ウクレレはギターに比べると弱い力でもちゃんと音が出ます。

ギター初心者最初の難関と言われる「Fコード」は男性女性関係なく初めからちゃんと押さえられる人は少ないと思います。
練習を重ねることで、初めてちゃんと音が出るようになるのです!

ウクレレもそれと同じです!
根気よく練習することによって弾けるようになるので、サイズについては男性女性関係なく、好きなサイズを買うべきだと思います。

それをふまえ、初めてのウクレレは、「気に入ったものを買うべき」だと思います!
練習をするにあたっては、なによりやりたいというモチベーションが続くことが大切なので、まずは見た目が気に入ったものが良いと思います。

ブランドを重視するのであれば、ちゃんとしたメーカーのウクレレを買えばいいと思いますし、気にしないのであれば、安価のものでも十分だと思います。

数千円でも十分弾けるものも多いので、こだわらないのであれば、そのようなウクレレでもいいと思います!
ただ安価のウクレレでも気を付けたいポイントがいくつかあるので、そのポイントを紹介します!

これだけは押さえておきたい選び方のポイント!

2万円を超えるようなそれなりのウクレレを購入した場合には、特に気にすることはないのですが、数千円のウクレレを購入した場合は、いくつか気を付けたいポイントがあります!

そのポイントを押さえないと、最悪の場合、練習の障壁となってしまい、ウクレレがインテリアになってしまうなんてことも大いに考えられます…

その最低限押さえておきたい2つのポイントについて解説していきます!

フレット

まずはフレットの形状です。
質の悪いフレットの端は直角になっていることがあります。

フレット自体が金属ということもあり、端が直角になっていると鋭利であるため、「触れると痛い」です。
演奏するうえで、フレットの端には常に触れているため、
触れるだけで痛い=演奏するのがツラい
ということになってしまい練習が続けるのが大変になってしまいます。

ちゃんと加工されているか否かはネックの側面を端から端まで指でなぞってみるとわかります。
指でなぞった時にフレットが引っ掛かって、痛いようであれば、ちゃんと加工されていません。

ケガにも繋がってしまう恐れがあるので、初めて購入するウクレレは最低限フレットが痛くないように角が加工されているウクレレを選びましょう!

チューニング

もう一つの最低限押さえたいポイントは、「チューニングが簡単にずれない」ものを選ぶことです。
交換したばかりの新品のナイロン弦は、伸びやすいためチューニングがずれやすいです。
それは新しい弦にはありがちなので、問題はありません。

ウクレレはチューニングがずれやすい楽器でもありますが、新品の弦ではないウクレレのチューニングが大幅に狂うのであれば問題です。
ウクレレのペグ等が粗悪品の可能性があります。

これに関しては弾いてみるしかないので、ウクレレを購入する際には、楽器屋さんで購入することをお勧めします!

ちなみに弾くたびにチューニングがずれるようであれば、練習になりません!
1曲弾くことすらできないので、絶対にそのようなウクレレを購入してはいけません。

まとめ:個人的には最初は安くてもいいかと思います!

初めて購入するウクレレは安い物でも問題ないと個人的には思います。
楽器屋さんで買うのが一番だと思いますが、どうしてもネットでウクレレを購入したいのであれば、口コミ等で上記のようなポイントを確認し、問題なさそうなウクレレを注文するといいでしょう!

楽器を弾く上で、まずは練習を続けられることが大切です!
根気よく、長く練習を続けることができた時に改めて、数万円の高価なウクレレを購入するのがいいのかな~と個人的には思います!!

コメント