ICレコーダーとボイスレコーダーの違いは?用途別の使い分けをご紹介!

最近ボイスレコーダーを買いました!
コチラの記事で紹介してます。

Aiseaのボイスレコーダーを買ったので色々使ってみた感想【Ai-166】
最近は会議の議事録や何かとメモを取る機会が多くなったことから、ボイスレコーダーがあれば便利だなーと思い、買ってしまいました。 ボイスレコーダー!! こちらです! Aiseaのボイスレコーダーです。 Aisea...

会議が多く、議事録を作ったり等の作業が多くなったので非常に重宝しております。
ただ買うときに気になったのが「ICレコーダー」と「ボイスレコーダー」の違いです。

同じレコーダーですが…?

ちょっと調べてみたのでこの「ICレコーダー」と「ボイスレコーダー」の違いについてまとめたいと思います!

スポンサーリンク

ICレコーダーとボイスレコーダーの違いは?

いきなり核心に迫りますが、「ICレコーダー」と「ボイスレコーダー」の違いは…

基本的にはありません!(たぶん)

調べてみるとICレコーダーの「IC」はIntegrated Circuit=集積回路を指しており、メモリー等のデジタル記録媒体によって録音をする機器がこれにあたります。

一方でボイスレコーダーは名前の通り、「声」等を録音する機器を指しているので、記録媒体はMDだろうがテープだろうがCDであろうが全てボイスレコーダーです。

ただ最近ではデジタル記録媒体での機器が主流ですので、ボイスレコーダーもICレコーダーに含まれると言えるとでしょう。
つまりそういうことみたいです。

ICレコーダーと書かれている商品の方が価格が高い気がする

ICレコーダーにボイスレコーダーが含まれると書きましたが、ボイスレコーダー以外にも種類があります。
厳密に言うと「リニアPCMレコーダー」であるか「そうでないか」の2種類かと思われます。

リニアPCMレコーダー

リニアPCMレコーダーの特徴として「録音音質が非常に良いこと」が挙げられます。
リニアPCMという音声録音形式の1つで、録音されたデータはまったく圧縮されません。

一方で通常の録音音声のデータであるMP3やWMAは圧縮しデータがされます。
データが圧縮されると音の劣化に繋がります。

データが圧縮されないリニアPCMは原音のまま録音ができるため、また、広い音域を録音することができるマイクなどの機能が備わっていることが多いため、楽器の録音であったり、自然の音等、繊細な音の違いを録音することに適しています。

リニアPCMレコーダーじゃないもの

リニアPCMレコーダーでないもの、通常の会話であったり、会議であったりを録音する際に適しています。
厳密にいうと会話や会議の場合はリニアPCMレコーダーである必要はないといった方が正しいかもしれません。

当然ですがリニアPCMでの録音機能がついていないレコーダーの方がお値段がお安くなっています。
基本的はボイスレコーダーと書かれているレコーダーは、リニアPCMの機能はないと言っても良いと思います。
その分、お安く買えますし、会議や会話を録音したいのであれば、ボイスレコーダーで十分だと思います。

まとめ:用途別使い分け方法

ICレコーダーには上記のような機能差があります。
大きな違いは、リニアPCMレコーダーかそうでないか、の2種類です。

楽器の音の録音や、鳥・動物の鳴き声の録音等々、音質にこだわる必要がある場合は「リニアPCMレコーダー」を、単に会話や会議の音声を録音したいだけであれば、「ボイスレコーダー(リニアPCMレコーダーでないもの)」を購入すればとりあえず間違いはないかと思います。

なので会議・会話の録音であれば、3,000~6,000円程度のボイスレコーダーがオススメです!
むしろ会議・会話の録音程度にしか使用しないのであれば、リニアPCMレコーダーを買っても宝の持ち腐れとなってしまう可能性が高いです…

私が使っているAiseaのボイスレコーダーですが、手軽に録音ができて、音質もそれなり、安価ですので初めて購入する方におすすめです!

Aiseaのボイスレコーダーを買ったので色々使ってみた感想【Ai-166】
最近は会議の議事録や何かとメモを取る機会が多くなったことから、ボイスレコーダーがあれば便利だなーと思い、買ってしまいました。 ボイスレコーダー!! こちらです! Aiseaのボイスレコーダーです。 Aisea...

ちなみに余談ですが、iPhoneなどにもボイスメモ機能として音声を録音できますが、ボイスレコーダーに比べるとノイズなどが非常に多く聞けたものでないので、会話や会議の記録を撮りたいのであれば最低限、ボイスレコーダーを購入し、使用することをオススメします!

コメント