【2018年9月版】ドメイン事業者8社の移管料金等を比較!【.com.net】

サーバー・ドメイン

今回ドメインの移管手続きをした際に、ドメイン事業者各社の情報を調べたので、共有したいと思います。
料金比較がメインですが、Whois情報公開サービスの料金も比較しています。
料金については、キャンペーン価格による最安値を記載しておりますので、ご注意ください。

キャンペーンの終了や、料金の改定がある場合がありますので、必ず各社のサイトにて料金等を自己責任でご確認ください。

各社の特徴についても個別にご紹介します!

移管の手続きについてはこちらをご覧ください。

【移管検討者必見】ドメインを移管してみたので費用や手順をご紹介!【エックスドメイン】
最近当サイトのドメインが更新時期を迎えたので、そのまま更新するのなんだしなーと思って移管の手続きをしてみました。 ずっとお名前.comで更新をしてきたのですが、今年から「.net」の更新料が値上がりするという通知が・・・ 値上がりは...

Whois情報についてはこちらをご覧ください。

【ドメイン】Whois情報とは?Whois情報公開代行って?【お名前.com等】
「Whois」って知っていますか? ドメインを取得している人でいまいちピンと来てない人は、個人情報が危険にさらされているかもしれません。 今回はドメインを取得する人は必ず知っておくべき「Whois情報」についてご紹介します。 Wh...
スポンサーリンク

移管料金とWhois情報代行の料金比較

各社の移管料金(税抜)とWhois情報代行公開サービスの料金について以下のようにまとめました!
(2018年8月現在)

comnetWhois代行
お名前.com920円920円980円/年
ムームードメイン1,480円1,480円無料
さくらのレンタルサーバ1,715円1,715円登録者名以外(住所等)はさくらインターネットの情報
バリュードメイン1,080円1,160円無料
スタードメイン1,180円1,231円無料
エックスドメイン1,180円1,280円無料
ドメインキング1,380円1,380円無料
ゴンベエドメイン1,280円1,480円1,080円(設定時のみ)

最安値

.comと.netの料金の最安値はどちらもお名前.comの「920円」です!
ただここで注意したいのは「Whois情報公開代行サービス」が有料であるということです。

個人情報が・・・といわれるこのご時世ですので、個人利用の場合はWhois情報公開代行サービスの利用は必須です。
お名前.comを移管で利用する場合には、年額980円がかかってしまうので、その分費用が高くなってしまいます。

Whois情報代行公開サービスが無料で、かつ移管の料金が安いのは、「バリュードメイン」となっています。

各事業者ご紹介

こちらでは各ドメイン事業者の特徴をご紹介していきます。
料金以外でも様々な特徴があるので、ドメインの移管先を選ぶ際にご参考にしていただけると幸いです!

お名前.com


ドメイン事業者の老舗といってもいいのがお名前.comです。

取り扱っているドメイン数は550種類以上で、変わったドメインを希望しないのであれば、お名前.comを選ぶと間違いはないです。

またキャンペーンも多く行っており、1円から取得できるドメインもあるため、新規取得であれば安く取得できることが多いです。
ただし、更新料についてはそこまで安くはないかもしれません。

▼お名前.comの詳細はこちら▼

お名前.com

ムームードメイン


ムームードメインはロリポップと同じ会社が運営しているドメイン事業者です。

価格設定も安い傾向にあります。
安いドメインを探している場合は、まずムームードメインで探してみるといいかも知れません!

▼ムームードメインの詳細はこちら▼

ムームードメイン

さくらのレンタルサーバー


レンタルサーバーで有名なさくらのレンタルサーバですが、ドメインを取得することができます。

ただ他のドメイン事業者に比べると、料金設定が高めです。
サーバーとの連携が取りやすいので、さくらのレンタルサーバ
でサーバー契約をしている場合は、ドメインを取得すると便利かもしれません。

▼さくらのレンタルサーバーの詳細はこちら▼

さくらのレンタルサーバ

バリュードメイン


バリュードメインは管理画面が見やすく、個人的には捜査しやすく使いやすい事業者だと思います。

取り扱っているドメイン数は、500種類以上です。
Whois情報公開代行サービスも無料で行っています
またトラブルがあった際には、サポートも充実しているので安心して利用できます。

私も一度トラブりましたが、誠意をもって対応していただきました。
感謝です。

バリュードメインポイントってなに?Value Domainの返金手続きには要注意!
最近ドメインの移管の手続きをしたぷるぷるです。 ちなみにドメインは「お名前.com」からエックスサーバーで有名な「エックスドメイン」に移管しました。 コチラの記事で今回の移管の流れを紹介しています。 ただその移...

▼バリュードメインの詳細はこちら▼

バリュードメイン

スタードメイン

スタードメインは、比較的ドメインが安くなっていることが多く、キャンペーンもよく行っているので、更に安くなっていることが多いです。

ドメインを契約するとなんと、無料のサーバーがついてくるので、初めてサイトを運営するという初心者の方にもお勧めです。

また、スタードメインをには、ネットオウルポイントというポイント制度があるので、同時業者のレンタルサーバーサービススターサーバーと併せて利用することで、コストダウンを図ることができます!

▼スタードメインの詳細はこちら▼

スタードメイン

エックスドメイン


あの有名な高機能サーバーである「エックスサーバー」が運営しているのがエックスドメインです。

今回私はこちらのエックスドメインで移管の手続きをしました。

【移管検討者必見】ドメインを移管してみたので費用や手順をご紹介!【エックスドメイン】
最近当サイトのドメインが更新時期を迎えたので、そのまま更新するのなんだしなーと思って移管の手続きをしてみました。 ずっとお名前.comで更新をしてきたのですが、今年から「.net」の更新料が値上がりするという通知が・・・ 値上がりは...

管理画面が見やすく、非常に使いやすいです。
またドメインの価格設定も少し安い傾向にあります。
Whois情報公開代行サービスを無料で利用できるので、個人で利用する場合は、非常に安心してドメインを運用することができます。

▼エックスドメインの詳細はこちら▼

エックスドメイン

ドメインキング

ドメインキングではWhois情報公開サービスを無料で行っています。

またドメインキングという名称ですが、ドメインだけではなく、レンタルサーバーのサービスも行っています。

オンラインのマニュアルはモチロン、紙媒体でマニュアル本が郵送されます。
レンタルサーバーのサービスではなかなかないサービスです。
それ以外にも電話サポートもやっているなどサポートが充実しています。

初めてブログやサイトを運営したいという方にオススメです!

ドメインキング

▼ドメインキングの詳細はこちら▼

ドメインキング

ゴンベエドメイン


個人的にあまり名前を聞いたことがなかったのがこのゴンベエドメイン です。

非常に多くのドメインを取り扱っており、600種類以上を取り扱っています。
「.ps」等国内の事業者では、ゴンベエドメインでしかオンライン取得できない珍しいドメインを取り扱っています。
また海外ドメインの取得する際にも、日本語でのサポートを行っているので、海外ドメインを取得したい人にとっては、このゴンベエドメイン が非常にオススメです。

さらにゴンベエドメイン でドメインを契約することで、ストレージサービスを1Gまで無料で使用できます。

ドメインの価格設定は相場並ですが、Whois情報公開代行サービスが有料であるため、注意が必要です。

▼ゴンベエドメインの詳細はこちら▼

ゴンベエドメイン

コメント