日用品 掃除お風呂

こすらないで本当に落ちる?評判を踏まえバスタブクレンジングを評価する!

日用品

バスタブクレンジングと検索するとなぜか「CM気持ちわるい」と予測が表示されますがなぜでしょう?

CMは見たことなかったので、なぜそんなことが検索されているのかよくわかりませんが、たまたまスーパーで見かけて買ってみました!
ライオンの「バスタブクレンジング」という商品です。

商品のうたい文句は「バスタブはもうこすりません」とのこと。
このバスタブクレンジングをバスタブに吹きかけて60秒待てば、擦らずしてつるつるになるという画期的な商品ということで、一度は買いませんでしたが、家に帰ってから「試してみたい!」という欲求に負けて買ってしまいました(笑)

家の事は割とする方なので、もちろん風呂掃除は毎日のようにやっているぷるぷる(@pluplu2)です
そんなぷるぷるがライオンの「バスタブクレンジング」試してみたので、そのうたい文句が本当なのかということや、ネット上の評判を踏まえて感想を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

デザイン

ライオンの「バスタブクレンジング」は2種類あるようですが、フローラルソープしかなかったので、こちらを買いました。
デザインはこんな感じです。



シャープな感じでかっこよさげです!

使い方

使い方は普通のお風呂用洗剤とおんなじ感じで、バスタブにこの「バスタブクレンジング」を吹きかけます!
吹きかけて60秒待つだけ。

何て楽なんでしょう(笑)

実際にスプレーした感じは、結構広範囲に液が飛びますので、一回のスプレーで広い範囲をカバーできます。
そのため、同じくお風呂場用洗剤で有名な「バスマジックリン」で同様の範囲をすべてスプレーした場合、バスマジックリンよりも、スプレーの回数も少なく済む気がしますね。

実際にスプレーした泡はこんな感じで少し青いです。
(若干分かりにくいですが…)

ちなみに多少スプレーをするときにコツがいるようです。
公式サイトで「ダメなかけ方」が3つ例示されているので、その3つに気を付けてスプレーすると効果的なようです。

ダメなかけ方

  1. ちょこっとしかレバーを引かない
  2. すばやく一気に引ききってしまう
  3. 腕をスライドさせない

ある程度使ってからこの「ダメなかけ方」を見たのですが、「すばやく一気に引ききってしまってはダメ」なんですね。
後述しますが、意外と1度の掃除で結構量を使うので、上記のようなことに気を付けてやると洗剤の節約になるかもしれないです。

スプレーしてから60秒が経過したら泡を流して終了~

泡切れの具合は?

ネットでの口コミを見てみると泡切れが悪いなんて書いている人もいます。
実際に使ってみた個人的な意見ですが、確かに「バスマジックリン」などと比べると泡切れは悪いです。

ただし、それなりの水圧のシャワーで流せばちゃんと流れますよ~

節約のため水圧を弱めているシャワーの場合は、こすらないとちょっと残ってしまうかもしれないですね。

さらにうちの場合は、赤ちゃんがいるため、万が一掃除の後に「バスタブクレンジング」の洗剤が残っていた場合に、それが混ざったお湯を赤ちゃんが口にするのが怖いので、念のため擦って流しています。

それでも流すときにしかこすっていないので、労力の節約にはなっていますよ!

使ってみた感想

一番気になるのが、本当にあの浴槽のざらざら感がなくなるのか?ということだと思います。

実際に使ったところ
「まじでつるつる!!(笑)」

ザラザラ感はありません!

スプレーをして60秒待つだけでここまできれいになるとは、恐るべし。
忙しい主婦(夫)でもこれは非常に楽だと思います。

「時間もかからず・楽に・きれいになる」といういいことづくめな商品だと思いました。

ネットの口コミで「ざらざら感が残っている」「結局こすり洗いしました」なんて声もありますが、そういう人は恐らくちゃんと満遍なく洗剤をスプレーできていない事が原因だと思います。
(あくまで個人的な意見です)

たしかに「バスタブクレンジング」を節約しようと思って少なめにスプレーをしたときは、ザラザラが残っていることもありました。
そんなときは、「ダメなかけ方」を思い出して効率よくスプレーすることを心掛けると良いかもしれないです!

一回の使用量とコスパ

一回の使用量はうちの場合、だいたい10~15スプレーです。
ちなみにスプレーボトル裏面にもだいたい15スプレー程度が標準と書かれています。

毎日使っていると、おそらく半月~1ヶ月もたないです。

最初のスプレーが慣れないうちは、多めにスプレーしてしまうので、結構すぐになくなってしまいました。

また、もったいないと思って少ししかスプレーせず、満遍なくスプレーできないとザラザラ感が残ってしまいます。
そのためあまり燃費は良くないですが、労力を考えるとコスパは良い方だと思います!

5回くらいのスプレーでつるつるです!というブログの記事を見かけましたが、相当小さいお風呂でなければ全体がつるつるになるのはあり得ないと思います。

バスマジックリンを使うときはスプレーをして、こすって風呂掃除をするので、5,6回のスプレーで済むので、そう考えるとバスマジックリンの方が我が家の場合、経済的かもしれないです。

オススメな使い方

一度のお風呂掃除で消費量が多めな「バスタブクレンジング」ですが、個人的におススメしたい使い方があります。

それは、「いざという時に使う!」ということ。

通常はバスマジックリンなどのお風呂用洗剤を使ってこすり洗いをし、ちょっと疲れてるな~とか面倒くさいなーという時には「バスタブクレンジング」を使うという方法です。

こうすれば、あまり消費量を気にせず使うことができますよ!

成分

ちなみに「バスタブクレンジング」の成分は「弱アルカリ性」です。

そのため「水垢」を原因とするザラザラは落ちませんので注意しましょう。
なんとなく水垢のざらざらも落ちないかなーと思って、試してみましたが、やはり落ちませんでした。

水垢を落とすためには、「酸性」の洗剤などを使わないと落ちませんね~

オススメしたい人とできない人

「バスタブクレンジング」はこんな人におすすめです!

  1. お風呂掃除をを楽にやりたい人
  2. お風呂掃除を素早く終わらせたい人

以下のような場合には、あまりおすすめできません。

  1. お風呂掃除にあまりお金を掛けたくない
  2. こすり洗いが生きがいな人

まとめ

総じていうと「家事が楽になる画期的な商品」だと思います!
ただコスト面ではちょっと気になる点もありますが、日ごろの家事を楽にするという点では非常に便利な商品です!

「コストが気になる!」という場合は、日頃のお風呂掃除はこすり洗いが必要なお風呂用洗剤で、疲れている時やお風呂掃除が面倒な時には「バスタブクレンジング」を使用するというような使い方をすることで、日々の家事に休息をもたらしますよ~

コメント