【アラジン】グラファイトトースター の2枚焼きと4枚焼きを選ぶポイント【自分はこう選んだ!】

先日購入したアラジンのトースターですが、2枚焼きと4枚焼きの2種類があります。
もちろん4枚焼きの方がお高いのですが、私は4枚焼きの方を買いました!

こちらで紹介しています!

アラジンのグラファイトトースター4枚焼き買ったけど快適すぎる!
次に家電を買い替えるとしたらこれというのがありました。 それは「トースター」です! 実家を出てからずっと3,000円くらいのトースターを使っていました。 トースターという機能としては最低限備えているので、値段を考えると文句はないの...

この2枚焼きと4枚焼きですが、購入するにあたっては結構迷うところかと思います。

そこで!
今回はアラジンのトースターを購入するにあたり、2枚焼きと4枚焼きの違いと、私が4枚焼きを選んだ決め手についてまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

2枚焼きと4枚焼きの主な違い

まずは2枚焼きのものと、4枚焼きのスペック的な違いをまとめていきます。
主に
①サイズ
②付属品
③性能!?

に違いがありますので、以下まとめていきます!

サイズ

まずはサイズです。
当然2枚焼きと4枚焼きでは、4枚焼きの方が大きくなっています。

2枚焼きの本体寸法(外形)は以下のようになっています。

幅350㎜×奥行295㎜×高さ235㎜
引用:アラジン公式サイト

4枚焼きは以下のとおりです。

幅360㎜×奥行355㎜×高さ250㎜
引用:アラジン公式サイト

お気づきだろうか…

2枚焼きと4枚焼きを比較してみるとそれぞれ以下の通り、ほとんどサイズに差がないのです。

2枚焼きと4枚焼きのサイズの差

  1. 幅 =10㎜(1㎝)
  2. 奥行=60㎜(6㎝)
  3. 高さ=15㎜(1.5㎝)

特筆するのは「奥行」です。
設置する場所によっては6㎝の違いによって置けない家庭もあるかもしれませんが、奥行6㎝長くなるだけで、倍の枚数のパンを焼くことができます。

ちなみに食パンの一辺の長さは約10~15㎝程度なので、そう意味では4枚焼きの方が2枚焼きのトースターよりもサイズ感がお得!?です。

付属品

次に付属品についてですが、2枚焼きのグラファイトトースターには「コンセプトブック」くらいしか付属品はありません。
一方で4枚焼きの方には「グリルパン×2」「グリルネット」「レシピブック」「コンセプトブック」が同梱されています。

ちなみにグリルパン×2とグリルネットはこちらです。

こちらを使えばパンを焼くだけでなく肉を焼いたり、蒸したり、煮たりすることができます。

このグリルパンを使ったレシピを書いているのが「レシピブック」です。
このレシピブックを見ながらこんなものも作ってみました。

肉もフライパンで焼くよりも柔らかく仕上がりましたし、トースターに入れて放置すればできあがるので、時短にもつながりました!

ちなみに「コンセプトブック」についてはアラジンの会社の歴史であったり、製品について紹介されている冊子でした。
こちらはアラジンのファンの方以外にとってはあまり魅力的ではないと思いますが、これを読むことでどのような会社であるかを理解することができます。

性能!?

最後に性能と書きましたが、トースターとしての性能についてはほとんど違いはないと思われます。
(公式にもそのあたりは触れられていません)

本体の性能として異なるのは、「網」の形状です。

2枚焼きの場合はパンをのせる網目が大きいのに対して、4枚焼きの場合は細かい目の網となってます。
また4枚焼きの場合は網の高さを少しだけ高くすることができるので、焼き方を調整することが可能になっています。

4枚焼きを選んだ理由

次に私自身が4枚焼きを選んだ理由についてまとめていきます。

まず前述した「2枚焼きと4枚焼きの主な違い」でも書きましたが、
①2枚焼きと4枚焼きのサイズにほとんど差がない
②グリルパンがついている
これらも4枚焼きを購入した大きな理由です。

その他の理由については以下でまとめていきます!

微調整が可能!

網目が細かいというところでチョロっと出てきましたが、2枚焼きと4枚焼きのグラファイトトースターどちらも網を外すことができるのですが、4枚焼きの方は網を180°回転されることによって網の高さが変わります。
パンの上に何かのせて焼く場合等、網の高さを高くすることによって、先に上にのせているものに火が通り、火が通ったころにパンの裏面がちょうどよく焼けているという感じで、焼き方の調整をすることができます。

というちょっとしたポイントです。

まとめて料理できる

本当に決め手になったのはやはり4枚焼きの方が「まとめて焼くことができる」ということです。
家族がいるので、2枚焼きのトースターだと、何回も焼かないといけませんが、4枚焼きの場合は1回で済みます。
またグラタンを人数分焼くために複数に分けて焼いていたところ、1~2回で済むなど、4枚焼きにしてから時短にもつながりました!

ちなみにこんな感じの市販されているピザですが…

4枚焼きなら1度で焼けますよ!

まとめ:ライフスタイルに応じて買い分けるべし!

4枚焼きの方が大きいのでいろいろなことができるのですが、正直一人暮らしの場合は2枚焼きのグラファイトトースターでも十分だと思います。
子どもがいるなど、家族でトースターを使う場合は、置き場スペースが許す限り4枚焼きの方が便利に使えます!

2枚焼きと4枚焼きには多少性能等の違いはありますが、大前提としてライフスタイルに合ったものを買うことをおすすめします!
「パンを焼く」という機能については差がなく、どちらも外サク・中モチのトースターを楽しむことができますので、ぜひ迷っている人はアラジンのグラファイトトースターを使って、トーストライフを楽しんでもらいたいと思います(笑)

こちらの記事もどうぞ!

アラジンのグラファイトトースター4枚焼き買ったけど快適すぎる!
次に家電を買い替えるとしたらこれというのがありました。 それは「トースター」です! 実家を出てからずっと3,000円くらいのトースターを使っていました。 トースターという機能としては最低限備えているので、値段を考えると文句はないの...

コメント