襟袖の黄ばみ汚れにはこれ!ワイドハイターEXパワー粉末はリピ確定!

ツイッター全然つぶやかないぷるぷる(@pluplu2)です…

最近初めて洗濯をするときに「漂白剤」を使いました。
漂白剤と聞くと、色落ちするんじゃないかとか、白いもの以外に使えないんじゃないか等々非常に使いにくい物なのでは?と思う方もいるかもしれません。
(私がそうでした(笑))

でも実際のところはそんなことはなく、普段の洗濯でも割と気軽に使えるものなのです!
私が初めて使った洗濯用漂白剤はこちら!

ワイドハイターEXパワーの「粉末タイプ」】です!


汗シミ、黒ズミ、黄ばみ、便・尿等の汚れに使える優れものです!

この粉末が重要なのです。

ワイシャツの襟が黄ばんでどうしようかと悩んでいたところ、このワイドハイターEXパワーの「粉末タイプ」を使ったら、
なんと!
なんと!!
簡単にきれいになっちゃったんです!

今回はこのワイドハイターEXパワーの「粉末タイプ」をご紹介したいとです!

スポンサーリンク

ワイドハイターEXパワーは2種類!

このワイドハイターEXパワーは「液体」タイプと「粉末」タイプの2種類があります。

同じ商品名ではありますが、それぞれ成分が異なります。

液体タイプ

主成分は過酸化水素で、酸性です。
液体タイプですので、気になる汚れの部分に直接液体を付けた後、洗濯をすればよりシミを落とすことができます。

粉末タイプ

主成分は過炭酸ナトリウムで、弱アルカリ性です。
液体タイプとは異なり、ウールや絹や、中性洗剤が指定されている衣類には使用できません。

こちらのメリットとしては、浸け置き洗いができるということです。
色々な口コミを見ていると、粉末タイプの方が洗浄力が高いと評判みたいですね。

今回は私が使ったのはこちらの粉末タイプです。
コチラの内容を中心に書いていきます!

2種類の使い方が!

ワイドハイターEXパワーの「粉末タイプ」の使い方としては2つあります。
1つが「通常の洗剤と同じように使う」、もう1つが「浸け置き洗い」です!

ワイドハイターEXパワーの「粉末タイプ」の強みとしては、この「浸け置き洗い」が強力ということです。
あとでまとめますが、下記にワイシャツの襟首の汚れを落とす検証があるのでご参考ください。

通常の洗剤と同じように使う

日常的にはこちらの使い方です。
洗剤と同じように洗濯機に投入します。
(必ず洗濯機の説明書などを確認してください)

洗剤用の投入口にワイドハイターを入れればこれで完了です。

使う量は30ℓに対しておよそ10gです。
計量はキャップに目盛りがついていますのでそちらでできます。

ちなみに洗いやすすぎの時間は、投入する洗剤に合わせることができるので、いつも通り洗濯すれば大丈夫です!
たとえば、すすぎが1回でいい洗剤を使っている場合は、ワイドハイターを入れたとしても、すすぎは1回で大丈夫です。
また、柔軟剤を使っても問題ありません!

後は普段の洗濯と同じように洗濯が終わるのを待つだけです!

浸け置き洗い

浸け置き洗いの場合は、浸け置きをした後、洗濯機に投入するという流れになります。

浸け置きのポイントは「お湯」を使うということです。
温度は40度がオススメみたいですが、衣類によっては30度じゃないとダメというものもあるので、必ず各衣類の表示を確認してから浸け置き洗いしてください。
浸け置きはワイシャツなどの襟袖の黄ばみや、通常の洗濯で取れない汚れを取りたい時に最適です!

浸け置きしている時間は30分程でOK!
それより長くやってもいいと思いますが、2時間以上浸け置きしていると色落ちの可能性があるそうですので、気をつけましょう!

バケツやタライにお湯をはり、ワイドハイターの粉末を混ぜます。
ワイドハイターの量は、1ℓに対して10gです。
通常の洗濯機に投入する量と比べると、めちゃくちゃ使います。

例えば5ℓバケツにお湯をはった場合は、50gが必要になります。
本体は530gなので、浸け置き10~11回すると1本なくなってしまいますので、全部を浸け置きするのではなくて、部分的に浸け置きするのがおすすめです!

ちなみに最初バケツでやりましたが、シャツ2枚とエアリズム2枚くらいしか入りませんでした…
だいたい5ℓでこんな感じ。

やはり部分的に浸け置きするのがおすすめです!

ワイシャツの襟首をきれいにできた!

そして気になるのが本当に落ちるのか?ということだと思います。
こんな時の検証に適した汚れを持つワイシャツがあったので、今回はそのワイシャツで実験してみました。

実験の流れとしては以下の通りです。
①ワイドハイター粉末を入れて普通に洗濯する(浸け置きなし)
②浸け置き後、普通に洗濯

最初の状態

最初の状態はこんな感じでした。

恥ずかしいですが、普通に黄ばんでますね(笑)
何回か洗っても取れません。

アタックのスプレーのやつを試してみましたが、全然取れませんでした。

ワイドハイター粉末を入れて普通に洗濯する(浸け置き無し)

ワイドハイターEXパワーの「粉末タイプ」を入れ、普段使っている普通の洗濯洗剤で選択するとこんな状態です。

写真だとちょっと落ちた感じがしますが、肉眼で見るとまだうっすら残っています。
ただ普通に洗濯しても落ちなかったのに、ワイドハイター入れただけで落ちるとは感激です!

浸け置き後、普通に洗濯

そして本命の浸け置き洗い後、浸け置きしたお湯ごと洗濯機に投入した方法で状態はこちら!

あらキレイ!(笑)

肉眼で見ても白くなりましたよ~
浸け置きしただけでここまできれいになるとは…
恐るべし、ワイドハイターEXパワーの「粉末タイプ」!!

まとめ:汚れが落ちる楽しさを感じることができます!

すごい汚れているものを、ピッカピカにきれいにした時、楽しいって思いませんか?
よくあるのは、油でギトギトになったキッチンの換気扇をきれいに掃除した時、というかきれいになっていく最中は非常に快感です!

ワイドハイターEXパワーの「粉末タイプ」でも同じような快感を味わうことができます!
全然取れなかったワイシャツの襟袖の黄ばみや、ちょっと汗臭さが取れなかったタオルなどもきれいに、臭いなくすることができます。
しかも簡単に使えるので、洗濯で困っている人はぜひ一度、ワイドハイターEXパワーの「粉末タイプ」を使ってみてください!

コメント