【WordPress】テーマをカスタマイズをするときは、子テーマを使うべし!

機能

WordPressの機能の一つとして、
「子テーマ」というものがあります。

ブログを書き始めた方の場合や、
WordPressを使い始めた方の場合は、
「子テーマ?なんだそれ」とか
「親テーマにそのままコードを書けばいいじゃん」
と思うかもしれません。

しかし、直接親テーマにコードを書くと、
何かあった時に面倒な目にあってしまいます。

あまり子テーマについて当ブログでは触れていませんでしたが、
改めて子テーマ重要性について説明したいと思います。

コチラの記事もご参考ください。

【WordPress】子テーマの導入方法と使い方を覚えてガンガンカスタマイズする!
前回こちらの記事で、 子テーマの重要性について説明しました。 今回はその子テーマの導入方法と、 使い方についてご説明します。 子テーマを導入する! 子テーマを導入する方法は2通りあります。 1つは親テーマと一緒にダウ...
スポンサーリンク

子テーマとは?

子テーマは親テーマがあって初めて効果を発揮します。

子テーマというくらいなので、
親が必要なのです。

子テーマは親テーマを上書きする!

子テーマを使用した場合、
親テーマのファイルを上書きし、
その上書きしたものをブラウザ上に表示します。

つまり子テーマを使用した場合は、
親テーマがサイトの構成の土台となり、
子テーマによって、親テーマの修正したい箇所を部分的にカスタマイズしていきます。

子テーマでは、
部分的にカスタマイズしていくため、
必要最低限のファイルしか使用しません。
そのため、何を・どこをカスタマイズしたのかが後々わかりやすく、
デフォルトの状態に戻すことも簡単にすることができます。

子テーマを使うメリット

子テーマを使用することにより、
いくつかのメリットがあります。
①親テーマがアップデートされてもカスタマイズされた内容を引き継ぐことができる
②修正をするのが楽である
等々です

①親テーマがアップデートされてもカスタマイズされた内容を引き継ぐことができる

主に公式のテーマの場合は、
テーマの更新が更新のボタンを押すだけで自動的に行われます。

この更新が行われることにより、
親テーマ内のファイルがすべて書き換えられてしまいます。
もし親テーマに直接コードを記述していた場合は、
記述したファイルがすべて書き換えられてしまうため、
カスタマイズをした部分がすべて水の泡になってしまい、
また一からのスタートとなるのです。

一方で、子テーマを使用していた場合は、
親テーマのファイルが書き換えられても、
子テーマには何ら影響がないため、
カスタマイズをした部分はそのまま残されます。
そのためテーマが更新されても、
従前のままのカスタマイズが引き継がれるというわけです。

そのためカスタマイズをすればするほど、
財産のように積み重なっていきます。

②修正するのが楽である

子テーマに最低限必要なファイルは、
①functions.php
②style.css
以上の2つだけです。

それ以外のファイルについては、
必要なファイルのみ親テーマのファイルからコピーすることで、
カスタマイズをすることができるようになります。

たとえば、ヘッダーをカスタマイズしたい場合はheader.phpを、
サイドバーを編集したい場合は、sidebar.phpを子テーマにコピーします。

これにより、どのファイルを編集したかということがすぐわかり、
親テーマはデフォルトの状態であるため、
親テーマのファイルとカスタマイズをした子テーマのファイルを見比べることで、
カスタマイズをした箇所、修正したい箇所を簡単に見つけることができるのです。

ほとんどの方が子テーマを使用してます!

カスタマイズをする場合、
多くの方が子テーマを使用して行っています。

これは子テーマを使用することが、
メリットしかなく、デメリットがないため、
普及しているものと思います。

そのため、まだ子テーマを使用してない方、
親テーマに直接記述している方は、
早いうちに子テーマを使用することをお勧めします!

コメント