日用品

安全に持ち運ぶならこれ!エレコムのケースをレビュー!【M1 MacBook 13インチ】

薄くて軽いので持ち運びやすいMacBook Airですが、持ち運びの際は、まさかのの衝撃が心配になります。
カバンで持ち歩く場合は、歩いている時にすっぽ抜けてカバンが飛んでいったり、高いところからカバンを取ろうとしたら落下させたりなど、結構危険がいっぱいです!(頻繁にはないですが(笑))

そんなドジっ子にオススメなのがエレコムのPCケース(BM-IBPM2013BK)がオススメです!
今のところ実際に落としたり、試しに落としたことはないので、どこまでの衝撃に耐えられるのかという実例はないのですが、実際に使ってみて、いいところや微妙なところについてレビューをしたいと思います〜

▼Macbook Airと一緒に購入したのはこちら▼

MacBook Airに保護フィルムは必要?貼ってよかった理由をお伝え!
昔はノートPCを買ってもそんなに気にせずそのまま使っていましたが、最近は何かと気になるのが、「保護フィルム問題」です。 ハードな使い方はしないので、画面に保護フィルムを貼らなくてもいいかと思いつつ、色々と調べていると保護フィルム貼った方が...
ANKERのPowerExpand+ 7-in-1 をレビュー!【MacBook Air】
基本的にMacBook Airには文句はないのですが、あえて足りない部分を挙げると、ポートの少なさです。 2020年モデルのMacBook AirにはポートがUSBのType-Cのポートが2つと、イヤホンのジャックが1つしかありません。 ...
スポンサーリンク

見た目はこんな感じ

ちなみにこれはブラックです。
カラーバリエーションはネイビーもあるようです。
シンプルなデザインで万人ウケすると思います。

サイズは13インチ用となっています。

開くとこんな感じ

MacBook Airを置く端の部分にもクッションが備えられていて、角の衝撃も吸収してくれそうです。

MacBook Airを置くとこんな感じです。

13インチのMacBook Airがピッタリ収まります!

ちなみに置くところはボコボコとしていて明らかに衝撃を吸収しそうな感じで、触りごごちも強めの弾力があり、しっかりと衝撃を吸収してくれそうです!

チャックはこんな感じで、水分がしみにくそうな感じです。

ちなみにケース自体に撥水加工がされているので、水がしみにくい作りになっています。

ケースの収納

ケースには収納がついています。
MacBook Airを入れるところとは別のチャックの部分が収納です。

こちらの収納には、私はこんなものを入れています。

  • ACアダプターとコード
  • USBハブ
  • 外付けSSDとコード

収納スペースで言うとそこまで大きくはないので、上記のようなものでパンパンになります。
ちなみにマウスも入れられなくはないですが、薄型のものでないと入らないです。

こんな人にオススメ!

エレコムのMacBook Air13インチ用のケースはこんな方にオススメです!

  • きっちりとMacBookを守りたい
  • 少しでいいから収納が欲しい
  • 安いケースを探している!

とにかく衝撃対策としてはこのエレコムのケースは優れていると思います。
また価格もお手頃で、手に入りやすいというのも魅力ですね。

いいところ

まずはこのエレコムのMacBook Air用ケース(BM-IBPM2013BK)の良いところはこんなところです。

  • 衝撃吸収・撥水加工
  • 価格が安い
  • 多少の収納がある

衝撃吸収・撥水加工

すでに紹介しましたが、衝撃吸収という点では、見た目も触った感じも安心感があります。
正直これに入れた状態で、落としたりして万が一破損したとしても、諦めもつきます。

また表面に撥水加工がされているので、万が一雨などでカバンが濡れてしまっても、多少であればMacBookには影響を与えないでしょう。

価格が安い

MacBook Airのケースを探すとピンキリではありますが、なかなかいいお値段するケースが多いです。
特にレザーのものは数万円しますね。

そんな中このエレコムのMacBook Air用ケース(BM-IBPM2013BK)はAmazonで約1,800円とよくわらかないメーカーのケースと比べても安い金額となっています(2022年1月現在)

予算的に余裕がある場合はどんなケースを買っても問題ないと思いますが、予算ギリギリでMacBook Airを購入しようと思っている人にとっては、この価格は非常にありがたいですね!

安かろう悪かろうでは、元も子もないですが、このエレコムのMacBook Air用ケース(BM-IBPM2013BK)は作りがしっかりとしているので、安心して使うことができます。

多少の収納がある

こちらもすでに紹介しましたが、ケースに多少の収納があります。
なんでもかんでも収納できるわけではないですが、あるとないのでは使い勝手が全然違います。

特に2020モデルのMacBook AirはポートがUSB−typeCとイヤホンジャックしかなく、USBのType-Aや映像の外部出力のポートがないため、これらを使う場合は、ハブを持ち歩かないといけません。
また充電がない場合は、ACアダプターなども必要となります。

これくらいのものであれば、ケースに収納ができますので、非常に便利ですよ!

微妙なところ

基本的には文句ないのですが、人によっては気になるかもしれません。
それは「厚みがある」ということです。

薄いというのがMacBook Airの強みでもあると思いますが、ケースに入れることによって、厚みが増します。
ケース自体も結構厚いですが、収納にものを入れるとさらに厚くなります。

収納に入れた状態の厚みは、MacBook Airが大体4枚分くらいだと思いますので、小さいカバンに入れて持ち運ぶ場合は、結構場所をとるかもしれません。

薄いのがいいという人にとっては、このケースは向いてないと思われます。

まとめ:安全第一!

ざっとエレコムのMacBook Air用ケース(BM-IBPM2013BK)についてレビューをしましたが、いかがだったでしょうか?
私としては、持ち運ぶ上で一番優先したいのは「安全性」なので、このエレコムのMacBook Air用ケース(BM-IBPM2013BK)はドストライクなケースでした。

金額もそこまで高くないので、ぜひ試しに買ってみてもいいケースだと思いますよ〜

▼Macbook Airと一緒に購入したのはこちら▼

MacBook Airに保護フィルムは必要?貼ってよかった理由をお伝え!
昔はノートPCを買ってもそんなに気にせずそのまま使っていましたが、最近は何かと気になるのが、「保護フィルム問題」です。 ハードな使い方はしないので、画面に保護フィルムを貼らなくてもいいかと思いつつ、色々と調べていると保護フィルム貼った方が...
ANKERのPowerExpand+ 7-in-1 をレビュー!【MacBook Air】
基本的にMacBook Airには文句はないのですが、あえて足りない部分を挙げると、ポートの少なさです。 2020年モデルのMacBook AirにはポートがUSBのType-Cのポートが2つと、イヤホンのジャックが1つしかありません。 ...

コメント