車関係

1年乗ってわかったシエンタの燃費を解説!カタログとの違いは?【ガソリン】

ぷるぷる(@pluplu2)です!

前回はシエンタ購入に掛かる費用の総額をまとめましたが、今回はシエンタの燃費についてまとめたいと思います。
1年間シエンタ(ガソリン車)に乗ってみて実際にわかった燃費についてお伝えします!

シエンタ新車購入の総額は?実際に使い始めるまでに必要だった費用を公開!
シエンタを新車購入してもう少しで1年が経とうとしています。 購入当初は、せっかくなので、シエンタの記事を書こうと思っていたのですが、なんだかんだで1年経ってしまいました。 そろそろシエンタの記事も書こうということで、今回は第一弾! ...
スポンサーリンク

カタログの燃費は?

ちなみに私が乗っているシエンタは、ガソリン車の2WDです。
まずはカタログ上の燃費を見てみましょう。
カタログに記載されている燃費は以下の通りです。

  • JC08モード:20.00km/L
  • WLTCモード:17.00km/L

アルファベットの羅列でよくわからない表記がされていますが、JC08モードは日本独自の燃費測定方式で、WLTCモードは国際的な測定方式です。
詳しく知りたい方は、ググってみてください。

ちなみにWLTCモードはこれに加えて、「市街地モード」、「郊外モード」、「高速道路モード」の3つ走行モードの表記もされます。
この3つについては、以下のようになっています。

  • 市街地モード:13.1km/L
  • 郊外モード:17.7km/L
  • 高速道路モード:19.0km/L

こちらの数値の方が、実際の燃費に近いと思います。
実際の数値については、次でまとめます。

実際の燃費はこんな感じ

燃費といっても、色々と条件によって結果は異なると思いますので、よく乗る条件をまとめます。

  • 乗車人数:1人
  • よく走るところ:都内

元々子どもと出かける用で購入した車ですが、走行距離を考えると、仕事での移動がほとんどを占めています。
とはいえそんなに乗っているわけではなく、年間で2,000km程度ですが…

大きめの道路で渋滞につかまらない場合

国道等で渋滞にあまり捕まらない場合は、大体このような数値になります。

一番上の、「AVG」が平均燃費です。
渋滞に捕まらず、国道を走っていると大体こんな数値になります。
この時は、「12.7km/L」でした。

先ほどのカタログ数値で言うと「郊外モード」に当たるかなと思います。
郊外モードはカタログ値でいうと、17.7km/Lなので、結構違いますね。
ちなみに信号が少ないバイパス等で平均5、60kmで走っていた時に出た最高の燃費でも、16km/L程度なので、カタログの数値はなかなか出ないですね…

渋滞に捕まっちゃうと10km/Lを切ってしまうことも稀にあります。

1車線の信号多めのところ中心の場合

そしてよくある1車線しかないような市街地を中心に走った時の燃費はこちら!

当然先ほどの燃費から悪くなって、「10.7km/L」です!
こちらは20km近く走った燃費なので、割といい方ですが、エンジン始動したてで、1km程度しか移動しない場合は、10km/Lを切ります(当たり前ですが)

自分でシエンタを買う前は、実家のハイブリッド車に乗っていたと言うこともあり、シエンタに乗った時が、初めて燃費を意識した状態で、ガソリン車に乗ったので、ちょっと近くのスーパーに行くだけの時に表示された平均燃費を見て、ちょっとショックを受けました笑

ただ、エンジン始動したての時は、特に燃費が悪いので、そう言うものであると思うしかありません!と乗り慣れてない方には、お伝えしたいです笑
車に乗り慣れている人にとっては、当たり前だと思いますが…

ガソリン満タン時の走行可能距離

シエンタのガソリンタンクは、MAXで42Lです。
ガソリン満タン時の走行可能距離は、450km前後で表示されます。

これは新車の時に初めてガソリンを満タンに入れた時は、580kmという数値が表示されていたのですが、何度かガソリンを入れていくたびに減少し、現在の450km前後に落ち着きました。

おそらくその時点の平均燃費をもとに算出されるのだと思いますので、新車の時から燃費が落ちていても、不具合ではないと思われるので、心配しなくてもいいと思います。

ちなみに580km走行可能と言うことは、約13.8km/Lなので、カタログの市街地モードの数値に近いですね。

まとめ:都内だとなかなか厳しい

郊外の車線がいっぱいあるような道をよく走る場合は、燃費が良くなると思いますが、渋滞の多い、都内を走る場合は、カタログ値のような燃費を出すのはなかなか難しいと思います。

私の拙いドライビングテクニックだと難しいですが、玄人だったらもしかするとより良い結果が出るのかもしれません。

車両の性能も燃費に関わってきますが、燃費をよくする運転は、急なアクセルを無くしたりする等、安全運転にもつながりますので、日頃から燃費のよい運転を心がけるといいみたいですよ〜!

コメント