サイトのURLをhttpからhttpsに変更する方法

機能

サイトの常時SSLに変更することは、
Googleの検索順位にほんの少し影響を与えるということなので、
導入を考えている方が増えていると思います。

今回は常時SSLを導入するため、
httpからhttpsに変更する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

そもそもSSLとは?

SSLとはSecure Sockets Layerの略称で、
ざっくりいうと、
インターネット上で通信を暗号化する技術です。

これにより、
インタネット上で重要な情報のやり取り(クレジットカード情報等)をする際に、
安全に通信をすることができるという仕組みです。

SSLを導入しているサイトの証として、
httpに「s」がつき、httpsというURLに変化しています。

ショッピングサイトのように決済をするサイトの場合は、
通信の安全を確保する必要がありますが、
当サイトのような、皆様にただ閲覧していただくようなサイトの場合は、
一見SSLを導入する必要性がないようにも思えます。

しかし、近年GoogleはこのSSLの導入を、
ランキングシグナルに採用すると発表しました。
ランキングシグナルは、検索順位を決める要因のようなものです。

そのため、SSLを導入することで、
SEO対策にもなるため、
普通のブログでも導入するケースが増えているということです。

ただし、検索順位を決める要因になっているとはいえ、
検索順位を大きく上げるものではないため、
過度な期待は禁物です。

http→httpsに変更する方法

サイトのURLをhttpからに変更するためには、
「.htaccess」のファイルを編集することが必要です。

方法は難しくありません。
たった3行のコードを入力するだけですが、
.htaccessのファイルは編集に失敗すると、
サイトが閲覧できなくなってしまうこともあるため、
必ずバックアップを取ってから編集しましょう。

以下のコードを「.htaccess」に追記します。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ ://ここにサイトドメインを入力/$1 [R=301,L]

「ここにサイトドメインを入力」の箇所に、
常時SSL化させたいサイトのドメインを入力してください。

これで常時SSL化が完了しました。

SSLを導入するには

SSLを導入するためには、
単にサイトのURLをにしたからといって、
SSL化されるわけではありません。

SSLを導入するためには、
サーバーにSSLサーバー証明書を導入しなければなりません。

最近では、レンタルサーバーにおいて、
有料にて、SSLサーバー証明書のサービスを行っています。

無料ででSSLサーバー証明書のサービスをやっているところもあるので、
探してみてください。

オススメのレンタルサーバーは、
エックスサーバーです。


こちらで、サーバーを契約することで、
SSLを無料で利用することができます。


また、エックスサーバーは、
通信速度も速く、
ブログ等のサイト運営に非常に適していると思いますので、
非常におすすめです。

 

以上、ぷるぷるでした!

コメント