【WordPress】STINGER8でサイドバーに区切り線を入れて、メリハリをつける

Stinger8

前回はプロフィールを追加しましたが、
区切る線がないため、メリハリがありません。
prof2

今回は、区切り線をつけて、サイドバーにメリハリをつけましょう。

スポンサーリンク

子テーマを使用しましょう!

カスタマイズをする場合は、子テーマを使用したほうが便利です。
子テーマをカスタマイズしていきましょう!

子テーマってなに?という方はこちらをご参考ください。

【WordPress】テーマをカスタマイズをするときは、子テーマを使うべし!
WordPressの機能の一つとして、「子テーマ」というものがあります。ブログを書き始めた方の場合や、WordPressを使い始めた方の場合は、「子テーマ?なんだそれ」とか「親テーマにそのままコードを書けばいいじゃん」と思うかもしれません。
【WordPress】子テーマの導入方法と使い方を覚えてガンガンカスタマイズする!
前回こちらの記事で、子テーマの重要性について説明しました。今回はその子テーマの導入方法と、使い方についてご説明します。子テーマを導入する!子テーマを導入する方法は2通りあります。1つは親テーマと一緒にダウンロードする!もう1つは自分で子テー

区切り線はスタイルシートをいじる

区切り線を入れる場合は、7やplusと比較し、classが変わっていますので、
classを変えなければ変化しません。

サイドバーに区切り線を入れる場合は、
以下のコードをstyle.cssに入力します。

.menu_underh2{
        margin-bottom:10px;
	border-bottom-width: 4px;
	border-bottom-style: dotted;
	border-bottom-color: #38b48b;
}

これでだいぶすっきりしました。
%e5%8c%ba%e5%88%87%e3%82%8a2

コピペも良いですが・・・

カスタマイズ記事はコピペできるものもあり、便利ですが、もし分かりずらかったりする場合は、本などを併せて使用すると、理解度が深まりますよ!

私が使用したおすすめの本はこちらです。

Stinger8のカスタマイズ記事まとめはこちら!↓

【プログラミング入門最強の味方】STINGER8カスタマイズまとめ
WordPressのテーマStinger8のカスタマイズ記事が増えてきたので、記事を種類別に分類をしてみました。STINGER8は基本的には、最低限の機能しかないまっさらなテーマです。その分非常にカスタマイズがやりやすく、HTMLやCSS、

コメント