FP3級なら中古テキストでも合格できる!!

FP

先日、合格発表があったFP3級の試験ですが、無事に1発合格しました。

それなりに勉強をして挑みましたが、使用したテキスト・問題集は『中古のテキスト』でした。
まあ大丈夫でしょ!と思って中古のテキストで勉強しましたが、それなりに苦労もありました。

一方で、中古テキストの利点もありますので、ぷるぷるが中古テキストで勉強して何を感じたかをご紹介します。

スポンサーリンク

テキスト代は400円

一番大きい利点としては、テキスト代が全然かからないということです。

最新のものを購入すると、1冊1500円程度かかりますが、問題集を併せると合計で3,000円程度かかります。

更に受験の費用もかかります。
金財・FP協会どちらも3級の試験では学科3,000円、実技3,000円で合計6,000円

テキスト代と受験費用を併せると1万円近くかかりますね。

私の場合は、ブックオフで購入した中古のテキストで1冊200円、問題集と併せて400円だったので、
受験費用と併せると6,400円で済みました。

費用だけで考えると3~4,000円程安く済みます。

これだけあれば、美味しいものを食べられますね!

調べることで知識が身につきやすくなる

これは面倒な点にもなりうるのですが、中古テキストの場合は、当然その当時の制度が記載されています。
そのため、法改正等により結構細かい数字が変わっている可能性が高いです。

そのため、これは怪しいなーと思うものについては、調べながら勉強するとよいでしょう。
なおFPの試験に関する法改正についてこちらのサイトで紹介されています。
http://money-study.net/fp/exam/law-updating.htm
わたしもこのサイトを利用しました。

ただ、このサイトだけでは足りない部分があるので、怪しいと思ったら、その都度調べたほうが良いと思います。
そうして自分で調べながら勉強することで、テキストの内容のみ受動的に勉強しているよりも、知識が定着しやすくなるでしょう。

この法改正の調査は、間違えて覚えた後に正しい知識を覚えようとすると2度手間になるので、早い段階でやるのが良いです。
ただし、一度過去の知識を覚えた後に最新の知識を勉強することには、その制度の歴史を学ぶことができるという利点があります。

試験当日まで、すごい心配(笑)

古いテキストと問題集を使用しているので、最新の問題があまりわかっていません。
そのため、どんな問題が出るのかなー?大丈夫かなー?という不安が試験が始まるまで止まりません。

その不安を私は勉強にぶつけました。
心配するなら勉強しよう!というやる気につながったので、割とよかったのではないかと思います。

結果として、勉強し過ぎて?といっていいかわかりませんが、満点近い点数で合格できました!

まとめ

FP3級であれば、中古のテキストでも合格できることを自ら証明することができました。
(2級を受験するのであれば、最新のテキストを買う予定です)

上記の様に中古のテキストを使用し、うまくいった経験をご紹介していますが、それを推奨をしているわけではありません。
かといって最新のテキストを使用しても合格するとも限りません。

受験をする自分がどれだけ勉強するやる気と時間をを確保するかによって、合格できるかできないか決まるのではないでしょうか?

最後は自分次第です!!

オススメのテキストはこちら!

私が使用した出版社のテキストはこちら!
(私が使用したのは、2014-2015年度版ですが)

コメント