車関係

新車を購入・納車までに感じた不安なこととそれに対する注意点!

初めて車を買うとき結構不安だったぷるぷる(@pluplu2)です。

今回シエンタを購入するにあたり一通り経験して、不安は解消したので、その解決した方法や注意点についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

新車購入にあたっての不安だったこと

私が自動車を購入するにあたって不安だったことは主にこんなことです。

  • 購入資金について
  • 自転車でディーラーに行くことに躊躇する
  • 値引き交渉のやり方が分からない
  • 駐車場が見つからない…

うちの場合は多少特殊な場合もあるので、一部参考にならないかもしれませんが、まとめていきます。

購入資金について

通常、自動車の購入方法は3つに分かれると思います。

  • 現金払い
  • ローン
  • 残価設定型ローン

今回私は「現金払い」と「ローン」のハイブリットで支払いました。
ただ、ローンについてはディーラーで組んだわけではありません。

私が個人事業主ということと、仕事で車を使うため、事業用兼プライベート用の車両購入ということで、事業用資金として銀行で融資を受け、新車購入代金に充てました。
ディーラーでローンを組むよりも、事業用として融資を受けたほうが利率が低かったので、事業をしている方はこの方法で購入するほうがお得です。

現金と融資の割合で言うと、現金60%・融資40%くらいの割合で購入しました。

ディーラー以外でローンを組む場合の注意事項

銀行で融資を受ける場合は、申込みから資金を調達するまでに約1か月程度かかりました。
急ぎで車両を購入したい等のケースでは、場合によっては融資が遅れると、最終的な支払いが遅くなるため、納車が遅くなる可能性があります。

金融機関でお金を借りる場合には、申し込みから実行されるまでのスケジュールを確認したほうが良いと思います。

自転車でディーラーに行くことに躊躇する

そもそもディーラーって、何となくみんな車で行っているイメージですが、車持ってない人は…?
という疑問が生じました。

一応家の近くにディーラーはあるのですが、徒歩だと地味に遠く、自転車だとすぐ着く距離です。
自転車だとバカにされないかなーと思いつつも、面倒だったので、自転車で行きました(笑)

自転車で行っても問題ない!

そもそも自転車を止めていいのかわからなかったので、最初はディーラーの敷地外の路上に駐輪していたのですが、後々営業の人に「自転車で来ても問題ないですか?」と聞くと「自転車はあの辺に停めてください」と敷地内の駐輪スペースをちゃんと教えてくれました。

迷っている皆さん!
自転車で行っても問題ないですよ!

正直自転車で行くと「足元見られるかな~」と思いましたが、特に問題なく商談をし、値引きもそれなりにしてもらえたので、そこまで影響はないと思います。

むしろ自転車で行ったからといて横柄な態度をとったりするような営業の人が仮にいるのであれば、そこで購入するのはやめましょう!

値引き交渉のやり方が分からない

自動車を購入したことがない人にとって値引きの交渉は、未知の体験だと思います。
私もいまいちよくわからず、ドキドキでした!

私がやった値引き交渉はこちらでまとめてます。

【初めての人向け】実際にやった新車の値引き交渉のやり方や言い方を公開!
こちらの記事でも少し書きましたが、値引き交渉をして約23万円の値引きで新車を契約をしました。 実は今回が初めてのマイカー購入だったので、色々と初めてのことも多く、ネットでいろいろと調べてから購入したのですが、やはり実際にやって...

また値引き交渉をするにあたっては下調べが必要です。

  • 狙っている車種と同系統の別メーカーの車
  • 狙っている車種の値引き相場

この辺りは頭に入れておいた方が良いと思います。

営業の人としても車を多く売りたいと思っているというのと、ライバルメーカーに客を取られたくないという考えがあるので、ライバルメーカーの車種と迷っているということをちらつかせることで、値引き額アップが見込める!
というようにネットで書いてました(笑)

また、ネット上では値引きしてもらえた金額をレビュー等で色々な方が書いています。
こちらを確認することで、大体の値引き幅を知ることができ、値引き交渉をするにあたって、値引き額の目標額と最低額を設定することをおススメします!

私の場合は、値引きの目標額は「30万円」とし、最低額を「20万円」とし、結果的には「23万円」以上の値引きとなりました!

値引き交渉の注意点

目標額を設定すると上述しましたが、目標額にとらわれすぎないように注意しましょう。
目標額にこだわるあまり、交渉の際に営業の人の心象を悪くするのもあまりよろしくないので、妥協点というは必ず決めておいた方が良いです。

ネット上では結構大幅な値引きがされているものを結構目にしますが、地域やディーラーの状況によって値引き額は異なるようなので、値引き額については、ネットであった金額と比較するのではなく、自分が納得できる金額なのかどうかで判断するのが良いと思います。

駐車場が見つからない…

一番つらかったのが、この駐車場が見つからないということです。
昨今の新型コロナウイルスを理由に、公共交通機関ではなく、自家用車で移動する人が増えた影響で、駐車場が空いていないという状況に陥りしました(笑)

原則として駐車場がないと車を所有できないので、自宅に駐車場がない人は、周辺で探さないといけません。
東京等では自宅から直線距離で2キロ以内の駐車場を確保していることが、車を所有するための条件となっています。

駐車場を探すにはちょっとコツが必要です!

探し方についてはこちらの記事でまとめてますのでご参考ください!

月極駐車場の探し方3選!空いてないこともあるので探すのはお早めに!
なんやかんやで車を購入することぷるぷる(@pluplu2)です。 になったのですが、肝心の駐車するところがないと、車が登録できません。 うちの場合は自宅にある駐車場が満車で使えず、周辺の駐車場を探すことになりました。 結果...

まとめ:終わってみたらなんてことない

直面するまではそれぞれ物凄く面倒くさく、避けたいことばっかりですが、いざ終わってみると、不思議なものでなんてこともない小さいことだったと感じます。
経験のないことをするのは、不安なことも多いですが、そんな方にとってこの記事が役に立つと幸いです~

新車を検討しているならここで見積もりできるよ!
MOTA無料オンライン新車見積り
  • 加盟している複数メーカーのディーラーから見積もり依頼ができる
  • 加盟しているディーラー数は海外メーカー含めて4,000店舗
気になるポイント!新車の値引き交渉もメールでできる!
ネット上で新車の見積もり依頼をすることができます。サービスに加盟している国内・海外メーカーのディーラに見積もりをすることができ、値引き交渉まですることができます!
ネットから気軽にできるので、このコロナ禍で店舗に行くのに躊躇している人には非常にオススメです!

詳細はこちら

コメント