純米大吟醸酒・大吟醸酒・本醸造酒の違いは?日本酒は2つの要素によって種類が変わります!

日本酒

純米大吟醸酒

日本酒の種類の名称です。
これがどのような日本酒かわかりますか?

意外と分かってそうでわかっていない日本酒のこと
日本人である以上、日本酒の銘柄までも覚えてなくても、種類くらいについては知っておきたいと思いました。

日本酒には純米大吟醸の他に吟醸酒や本醸造酒等々、9種類があります。
わたしもいまいちわかっていませんでしたが、調べてみると、その分類される要因には、「米の精米歩合」と「原材料」の2つの要素があることがわかりました。

今回はその違いについてまとめていきます。

スポンサーリンク

日本酒の種類

日本酒には以下の9種類があります。
①普通酒
②純米酒
③純米吟醸酒
④特別純米酒
⑤本醸造酒
⑥吟醸酒
⑦特別本醸造酒
⑧純米大吟醸酒
⑨大吟醸酒

一番大きく分けると上記①とそれ以外の②~⑨に分けることが出来ます。
つまり①の普通酒とは②~⑨のどれにも当てはまらない日本酒になっています。
この普通酒は比較的リーズナブルで、家庭で気軽に飲みやすいものが多いです。

普通酒以外の種類は8種類あります。
種類は多いですが、この種類を決める要因は「米の精米歩合」と「原材料」よって変わります。
この2つについて簡単に説明していきます。

米の精米歩合とは?

精米は日本人ならよく食べるであろう、白米ももちろんされています。
通常食事で出てくる白米の精米は、玄米と白米に分けるため、精米歩合は90%程度です。

普段あまり耳にしない「精米歩合」ですが、これは「米をどれだけ削ったか」ということを示しています。
精米歩合が90%ということは米が90%残っていることを指し、10%だけ削ったことを表しています。

日本酒における精米歩合はこの90%を下回ることがほとんどで、削れば削るほど、原材料となる米の量が少なくなっていきます。
そのため精米歩合が40%や50%の日本酒は、精米歩合が70%の日本酒に比べると大量のコストと手間が必要になります。

精米歩合が50%以下の日本酒は「純米大吟醸酒」または「大吟醸酒」と呼ばれています。
高そうな名前のこの2種類の日本酒ですが、前述のとおり精米歩合が低いこともあって、価格は比較的お高い物が多いです。
この2つの名称が一番精米歩合が低い日本酒となっています。

他にも
【精米歩合60%以下】
・純米吟醸酒 ・特別純米酒 ・吟醸酒 ・特別本醸造酒
【精米歩合70%以下】
・本醸造酒
【規制なし】
・純米酒

このように分かれています。
ここで気になるのが、「純米酒」ですね。
純米酒と名乗る日本酒には精米歩合について特に規制はありません。

純米酒と呼ばれる日本酒は原材料によって分類されています。

原材料

ここで気になる純米酒ですが、純米酒は名前の通り、「米」と「米麹」を原材料としています。
つまり純米酒は純粋に「米」が原料となっています。

米と米麹のみを原料としている日本酒は以下の4種類となっています。
・純米酒 ・純米吟醸酒 ・特別純米酒 ・純米大吟醸酒

上記以外の日本酒については、「米」と「米麹」の他に「醸造アルコール」が加えられています。
この「醸造アルコール」は糖類や穀類を基に製造されています。
戦後まもない頃の米不足による酒の製造量減少を補うため、この醸造アルコールがお酒に添加されました。

かさ増しが理由であった醸造アルコールですが、現代では使用目的が大きく異なります。
この醸造アルコールを日本酒を製造する際に添加することで、純米酒では出すことのできないフルーティーな香りや華やかな香りを引き出すことができます。
ただしいくらでも添加していいというわけではなく、醸造アルコールが一定の規定量を超えたものについては普通酒に分類されてしまいます。

規定量内の醸造アルコールがが添加されている日本酒には以下のものがあります。
・本醸造酒 ・吟醸酒 ・特別本醸造酒 ・大吟醸酒

日本酒の種類一覧

上記の内容をまとめると以下のようになります。

【原材料:米・米麹のみ】
①精米歩合の規制なし→純米酒
②精米歩合60%以下→純米吟醸酒・特別純米酒
③純米歩合50%以下→純米大吟醸酒

【原材料:米・米麹・醸造アルコール】

①精米歩合70%以下→本醸造酒
②精米歩合60%以下→吟醸酒・特別本醸造酒
③精米歩合50%以下→大吟醸酒

【上記のどれにも当てはまらない】
普通酒

まとめ

日本酒でよく目につくけど、意外と分からないことである、日本酒の種類についてまとめてみました。

以前まとめたウイスキーと同様に日本酒にも職人の苦労や受け継がれてきた知識や技術等、様々な歴史があります。
そんな職人の苦労や技術について知ると、いつも飲んでいる日本酒の味とはまた違った感じ方が出来るような気がします。

皆さんもこれを機に、お酒について調べてみると面白いかもしれませんよ~

こちら記事ではウイスキーの種類を紹介しています!
https://plu-plu.net/post-2312/

コメント